インターネットが普及した今、『個人起業』はいとも簡単になった。

空前絶後の大ブームだ。

産前産後だ。

色即是空だ。

 

しかし、私は思う。

そう、ゆえに私は思う。

 

これから『個人起業』を目指す人は気をつけろ!と。

 

そう、ゆえにだ。

 

そもそもとして、こんな恵まれた時代に、

「インターネットビジネスは怪しい」とか

「ネットワークビジネスは怪しい」とか

「うんちゃら~かんちゃら~」とか

そんなこと言っちゃう奴はもう論外だ。

 

一生言っていればいいと思う。

 

自分で自分の世界を、可能性を閉ざしている、いや閉ざし過ぎている訳だ。

 

そんな奴を私は皮肉を込めて

「自分で自分の世界を、可能性を閉ざしている、いや閉ざし過ぎている奴」

と呼んでいる。

 

というか、今決めた。

『ひねり』がないのはそのせいかもしれない。

 

ゆえに、そのような輩は論の外だ。

そんな私はナイスガイだ。

 

そう、ゆえにだ。

 

しかし、そんな輩とは違い、『個人起業』の可能性に気づき、

これから『個人起業』をしようとしている勇敢な戦士たちはいるはずだ。

 

しかし、そんな勇敢な戦士たちも、

「個人で起業することで自由気ままに生きる」

ということしか見えていないはずだ。

 

というか、個人起業を勧める人はみんな『自由感』しか見せていないので、そのイメージしかないはずだ。

 

しかし、私は思う。

そう、ゆえに私は思う。

 

そんなに甘くはないぞ、と。

 

少し前まで、それこそ「個人起業で自由気ままに生きる」ということはできたかもしれない。

そう、それこそだ。

 

しかし、回る回るよ時代は回る訳だ。

 

その「個人起業で自由気ままに生きる」人たちが、それこそ増えてきた。

そう、それこそだ。

 

じゃあ、その『成功者たち』が今何を始めてるのか?

 

成功者たちが手を組み始めている訳だ。

『すでに結果を出している人同士』がネットワークを構築している訳だ。

 

この意味がわかるだろうか?

 

『すでに結果を出している人同士』がネットワークを構築している。

そんな中、これから『個人起業』をしようとしているあなたが、

「どっこらせ」と一人で起業をして自由気ままに生きようと思っても勝てる訳がない。

 

そう、それこそだ。

ゆえに私は思う。

 

個人起業をしたいなら、まずはストーカーになれ!と。

 

そう、ゆえにだ。

 

これから個人起業をしようと思うとなると、

その為に『スキル』や『ノウハウ』が必要になるだろう。

 

ゆえに『スキル』や『ノウハウ』が身に付くようなものを探すはずだ。

それは大事なことだし、必要なことだ。

しかし、そんなことよりももっと大事なことがある。

 

それは【誰とつながるか?】だ。

 

そう、それこそ略すと【誰つな】だ。

 

【誰つな】がなぜ大事なのかと言えば、それこそ先程も言った(書いた?)ように、成功者たちがすでに手を組み始めているからだ。

そんな中あなたが頑張って『スキル』や『ノウハウ』を身に付けて、

単身挑んだとしても勝てやしない。

 

ゆえに、あなたもその『仲間』になってしまうのが最も得策だろう。

そう、ゆえにだ。

 

何よりも人間は環境に左右される生き物だ。

この手の話をすると30年くらいかかってしまうので、この記事に書くことはできないが、人間には『ミラーニューロン』と言って、他者のマネをするという、なんかもう、すっごい機能が備わっている。

 

ゆえに『仲間』になって、一緒に活動するのが一番成長が早い。

それこそ、スキルやノウハウも然りだ。

 

そこで大事なのが【誰つな】の「誰と?」の部分だ。

 

正直なところ、世の中に溢れている情報は、ノウハウや方法論ばかりだ。

そして、『お手軽簡単系』ばかりだ。

反吐が出る。

いや、正直なところ一切反吐は出ないが、これだけでは足りない。

 

最も重要なのは、

その情報を発信している人は誰なのか?

ということだ。

 

その人物がどういう人間なのか?

 

ここを良く見ることが重要だ。

 

ゆえに『ストーカー』になることが必要なのだ。

 

そう、ゆえにだ。

例えば、あなたが、インターネットで「これはスゴい」と思うノウハウがあったとする。

しかし、そのノウハウを紹介しているページは、そのノウハウを販売する「意図」で設計されている。

当然、その人物もその意図の元、行動をしている訳だ。

ゆえにそのページだけでは、その人の『人となり』が見えない。

 

そこで必要なのが『ストーキング』だ。

 

その人のブログやSNS、プロモーション以外の動画などを見まくる訳だ。

もっと言えば、普段から気になる人の情報を追うことだ。

 

フェイスブックでフォローしたり、メルマガに登録したり、ブログを読んだりする。

そうすることでその人の『人となり』が見えてくる。

その『人となり』を見た上で、あなたが『つながりたい』と思える人とつながるといいだろう。

 

その人は必ず、あなたにつながる為の『きっかけ』を投げかけてくるはずだ。

ゆえに、あなたは然るべきタイミングでその『きっかけ』に乗るだけだ。

 

最も重要なのは、ノウハウではなく、『距離感』だ。

 

いかにその人との『距離感』を縮めることができるかを考えることだ。

ゆえに、その為にも『ストーカー』になることは重要だ。

 

そうすれば、あなたは、変な情報に踊らされることなく、遠回りすることなく、最短距離で自分の望む未来に辿り着くことができるはずだ。

そう、それこそゆえにだ。

 

これは私自身が随分と遠回りをして気づいた結論だ。

私は随分と踊った。踊り狂った。

ランバダだった。

 

私は常に気になる人の情報を追っている。

DSC_0079
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
他の人気記事もお届け!