やぁ、キャンだ。

オレはナンパの旅をしているファッショニスタ。

オレは全国フラフラしてる。けどちょっと前までサラリーマンだった。で夕方になると晩酌のことを考え出す。どこで飲もうとか。何で一杯やろうかとか。

オレはサラリーマン時代そうだった。

みなさん、夕方や、仕事が終わるとやけにお酒が飲みたくならないだろうか?

そして今オレはこんな生活をしてるからいつでも飲もうと思えば飲めるんだ!

東京での移動は電車or徒歩だから全く問題もないし、呑んでも問題ない。

それに加え、街を歩いてると誘惑がマジで多い。

まず
昼ビールの看板が目に入る入る。

そして昼食を食べようと入店するとおっちゃんが飲んでる。

おい!

メニューを見るとひるは、ビールが安い。

おい!

うん、昼ビール割引なるサービスだね。

そんなんだから、最近は、いつも昼は誘惑との葛藤。
いや、飲んでもいいし、おいしいし、その行動自体は全く問題ない。ただその後だ。眠気。

こいつが、半端なく襲ってくるから、やっかいなんだ。。

だから、誘惑との戦いた。

そして誘惑に負けるのか、またには、ご褒美なのか飲んじゃう。

するとだ。

一杯飲むと二杯目も飲みたくなる。

酒好きならこの症候群は、訪れるだろう、、、

でまさかそんなことはないよな、ないよなと思いながら調べてみたんだ。

アルコール依存症とは

飲酒などアルコール(特にエタノール)の摂取(以下「飲酒」とする)によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患である[2]。患者は、アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり、様々な事件や事故・問題を引き起こしたりして社会的・人間的信用を失ったりすることがある(アルコール乱用[3][2]

以前は慢性アルコール中毒、略してアル中と呼ばれていたこともある。

参照

うん、オレはまだ大丈夫だな!

症状としては

アルコール依存症の人も、何とかして適量のアルコールで済ませておこうとか、あるいは今日は飲まずにいようかと考えていることが多い。しかし、一度飲み始めたら適量で終えるのは99パーセント不可能になると分かっていても、もしかしたら今日は運よく1パーセント適量で済ませられるかもしれないと思ったり、あるいはアルコールを飲まなかったときに得られるメリットは事前に体感できない

参照

なるほど!まだ大丈夫!我慢するから!けど昼も飲める環境の人は、要注意だね!やっぱ時間や、身体が大切だから、飲酒量は適量!?寝たら勿体無いし、病気で早死も勿体無い。

これから気をつけよ!自己責任だし。

人生は、長生きした方がいい。

楽しい時間は短い。おそらく、いくつになっても欲ってなくならないと思う。

酒飲んでも素面でも楽しく。

[personalMelmaForm name=”can”]

キャンの全国旅、毎日20:00更新中!!

ホームレスでも自由に生きる方法知りたい方はこちら

ただただ、スケベな行動

おっぱい募金に行ってきた。大きい子から小さな子までホームレスが揉む

テレクラ「リンリンハウス」潜入調査。売春、援助交際の実態!!

ナンパ系ファッショニスタの活動

nudie jeans(ヌーディジーンズ)THIN FINN色落ち経年変化記録3年

ナンパ師奴隷制度開始!ナンパ系ファッショニスタが全国呼ばれた場所に行きます

初心者向けナンパテク公開。一緒にナンパしよう!

移動式ホームレスとしての生き方

ネットカフェ難民とホームレスとノマドの違いを調べてみた

ホームレスになったらなぜか友達が増えた不思議

〔ナンパ系ファッショニスタ出没事例〕

六本木 渋谷 道玄坂

銀座 品川 東京タワー

横浜 宇都宮 大宮 水戸

名古屋 岐阜 郡山

大阪 京都