私は自分が社会不適合者だと悟り、

フリーエージェントとなることを決意した。

 

フリーエージェント仕様

 

決意したことでめでたくフリーエージェントとして生きていくことになった訳だが、フリーエージェントとなった私がまず最初にしたことは

『環境の整理』だ。

 

フリーエージェントとしての仕事ではなく、

仕事に集中する為の環境を整えること。

環境の整理と言っても幅が広い。

 

まずはわかりやすく『断捨離』をすることにした。

 

これまでの生き方ではなく、フリーエージェントとして生きていくことに決めた訳だから、フリーエージェントとしての生き方に相応しいもの以外は捨ててしまおうと考えた訳だ。

 

そこで私は様々なものを捨てた。

 

まずは『穴の空いた靴下』を捨てた。

そして次に『穴の空いた靴下』を捨てた。

そして更に『穴の空いた靴下』を捨てた。

そして間髪入れずに『穴の空いた靴下』を捨てた。

 

なるほど、健司の靴下壊滅状態だ。

あえて四文字熟語にするなら『健靴壊状』になるだろう。

 

穴の空いた靴下多すぎ・・・

 

これまでは、穴の空いた靴下でも、

「まあ、いいか。どうせ仕事でしか履かないし」

と思い、惰性で捨てずに履いていた。

 

私の会社員としての意識の低さが伺える。

そりゃ~社会不適合者になるよね、と。

 

誤解のないように伝えておくが、

私が捨てたものは何も穴の空いた靴下だけではない。

 

他にも捨てた。

バンバン捨てた。

いや、ガンガン捨てたという方が適切だろうか?

色々なものをやぶさかではないくらい捨てた。

 

ここでいう「やぶさかではない」の意味は私にもわからない。

なんとなく語呂がいいので使っただけだ。

 

何を捨てたかはプライベートなことなので一切明かすことはできないが、服とかボードとかをガンガンと、やぶさかではないくらいに捨てた訳だ。

 

正確に言うと、

捨てたものとリサイクルショップに売りに行ったものがある。

 

ある意味では私の過去をリサイクルショップで精算してもらった訳だ。

 

私の過去を精算してもらった結果

 

約2100円程になった。

安っ!!

私の過去、安っ!!

 

なんともいえない感情を表した表情

 

リサイクルショップというのは、仕入れ値が安くすむ、

本当に考え抜かれた素晴らしいビジネスモデルだと思う。

 

私の過去は安いけど、致し方ない。

 

今後はもう少し細かい部分を調整していく必要があるだろうが、とりあえず、『断捨離』をすることで、1つの環境を整える作業が終了した。

 

ちなみに私は「自分が社会不適合者ではないか?」ということに、

「そうかな?そうかな?」と薄々感づいていながらも、なかなか踏ん切りがつかずにいた。

 

しかし、一つのきっかけを元に、

「本気でフリーエージェントとして生きていこう!」

と決めた。

 

本気で決めたことで、それまでは個人としての収入はないに等しかったにも関わらず、その月から会社員としての給料を超える収入を稼ぐことができた。

 

本当は3ヶ月後、

自分の掲げた条件を満たすことで会社を退職する計画だった。

 

しかし、その月にあっさりと条件を満たすことができたので、

翌月には会社を退職することとなった。

 

そして翌月の収入は更に倍以上になった。

 

そう、本気で決意したことで、私の人生は突然変異した訳だ。

突然だった。

まるでラブストーリーのように突然だった。

 

しかし、この突然は偶然ではない。

この突然は偶然ではなく必然だ。

そして自然であり、かつ天然だ。

 

何を言っているのかよくわからないと思うが、どうか安心してほしい。

正直私にもよくわからない・・・

 

しかし、1つだけ言えることは、突然変異は必然だということだ。

本気で決意することのパワーをぜひあなたにも感じてほしい。

ブログ用
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
他の人気記事もお届け!