今日、スノボ用のゴーグルを買っちゃいました。

 

実は明日、地元のゲレンデへ
スノーボードをしに行こうと思っています。
ホント久しぶりです。

 

何年ぶりだろ、4年ぶりくらいかな〜?

 

僕は以前、バックカントリースノーボードを
10年以上に渡ってやってたんですが、
活動の中心を山から海へ移した事もあって、
ゲレンデにすら、数年に1度くらいしか
行かなくなってしまいました。

 

冬場もずっと海に入っていて、
もちろん今シーズンも海が中心ではあるけど、
そろそろBCスノーボードにも復帰してみようかと
考えていたんですよね。

 

まずはゲレンデでと思っていたんですが、
そしたら、今年はこの暖冬。

 

平日にささっと行けるような地元のスキー場は、
これまで壊滅状態だったんですが、
この冬型で一気にフルコンディションに
近い状態まで積もったらしく、
慌てて、色々引っぱり出していたら、
どうしてもゴーグルだけが見当たらない。

 

それで、仕方なく急遽近所のスポーツデポへ。

 

◎僕、眼鏡ないと滑れない面倒くさいヤツ

 

僕、眼鏡をかけたままじゃないと滑れないので、
眼鏡をしたままでも装着できるゴーグルを
物色していたら、
とてもフィットするヤツを発見。

 

で、球面レンズでミラータイプ、
形も色も結構イケてる。

 

でも、ブランドが良くな〜い。

 

ア○ペンオリジナルブランドのキ○マークだ。

 

オレみたいな硬派のBCスノーボーダーが
こんなチャラい安物ブランドのギアなんて
使えっか、かったるい。

 

・・・と、以前から無視していた
あのキ○マークなのである。

 

それでやっぱり過去の栄光とプライドを引きずりつつ、
しばらく他の一流ブランドなんかを
眺めていたんですが、どれもいまいち
装着感が良くないんです。

 

眼鏡の鼻のところのパッドが押さえつけられて
多分長時間付けてると痛くなる感じ。

 

その点キ○マークのやつは、ゴーグル内側の
顔にフィットさせるスポンジのパッドの
ちょうど眼鏡のフレームが当たる部分に
溝が切ってあって、押さえつけを軽減する
工夫がしてあるんです。

 

ゴーグル自体も割とゆったりしたサイズに
なっていて、全然眼鏡が圧迫されないし、
その割にはデカ過ぎな感じに
見えないようなデザインなんですよね。

 

意外と頑張って作ってんじゃん、ア○ペンさん!

 

ということで、キ○マークという
チャラくてかったるい名前のブランドながら、
企画開発のスタッフの頑張りが感じられる
このゴーグルを買ってしまったという訳です。

 

スノーボードの道具 イメージ

ウェアはモンベルのBCスノボ専用で ボードはエッジ錆び錆び^ ^;

 

◎デポのスノボ売り場をうろついてみた

 

ここ何年もスノボ業界のことは
全然見てこなかったんですけど、
プロショップレベルは分かりませんが、
量販店レベルで見ると、
シューズの性能が一番変わったような
感じがしましたね。

 

デポにおいてあったのは、各メーカとも
ほとんどが紐をダイヤルをカチカチ回して
締め付けるタイプで微調整ができ、
アウターとインナーが分かれている
いわゆるダブルシューズタイプなのに
めちゃくちゃ軽い!

 

僕が今持っているサロモンのシューズ
(それも人からもらった^ ^;)は
インナーはコードロックで締めるけど、
アウターは普通にチョウチョ結びですからね。

 

おまけにめっちゃ重い!

 

また本格的に、BCに入るには、
歩行性能やアイゼンの装着も考えたシューズを
買い直す必要があるかもしれません。

 

ま、とりあえず何度かゲレンデで
感覚を取り戻す必要はありそうですね。

 

あとは、スノーシュートレーニングも
しないと駄目ですね。

 

土日は、ちょっと近くの山を歩いてくるかな〜。

 

コンロ持って行って、雪中でラーメンでも
作って食べたらうまいかも。

 

まぁ、とにかく、明日頑張って滑ってきます。

ロートルボーダーが最新ゴーグルにちょっぴりビビった件 イメージ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
他の人気記事もお届け!