体重計捨てて下さい。
必要ありません。

毎日体重を測定しなければ太る!

それはウソです。
逆です。

毎日体重を測定するから太るのです。

いいですか。
よく聞いてくださいよ。

朝、体重を計ります。
朝ごはん食べる時も、体重計の数値が脳裏に焼き付いています。
コレを食べたら太るかも…
なんて良からぬことを考えます。

お昼ごはんも、晩ごはん時もそうです。

それって、ごはんを美味しく食べられますか?
幸せ感じて食べられますか?

私の家にも体重計はありますよ。
頂き物で体脂肪も測定できる豪華な一品が箱入りしたままの新品です。
箱から出すつもりはありません。
頂き物は押し入れの肥やしです(笑)

ですが、私の体重は10年以上変化なし。
細かく申し上げますと
「47㎏を越えた事がありません」

私はゴルフプレー後、入浴前に一人こっそり体重測定します。
毎回ではありません。最近は気合不足で行くのも嫌です。プレーは年に何回か数える程度です。

先日、3年振りに測定しました。
やはり同じでした。

私も若かりし時にダイエット経験があります。
体重計の測定値に一喜一憂していました。
女性は生理前後で必ず体重の増減があります。
理解しているつもりでも焦ります。
ごはんが美味しく食べられませんでした。

食事に幸せを感じられない。
食べる=太るの公式を利用してストレスフルな状況に陥りました。

それからは体重測定やめました。
駅の階段は躊躇いなく利用したり、なるべく歩く、買い物は自転車で行くなど、身体を動かす事を心掛けました。

最近、ダイエットしなければと気合い入れている友人に、体重測定を禁じました。

そして、ひとつだけエクササイズを決めて続けて頂きました。

3ヶ月後に嬉しい報告を受けましたよ。

体重だけが全てではありません。
単なる目安です。
エクササイズによる部分的なスリム感。
例えば、お気に入りのジーンズを履いた感じが違うとか、そんな小さな違いで達成感を得られます。
持続力も高まります。
痩せたという自信も得られます。

私はダイエット専門家でも何でもありません。
ただ、ダイエットは、ダイエットを意識せずに小さいことを心掛けて継続するのが成功に繋がります。
ダイエットは一発芸ではありません。
痩せたいなら、小さいことでも続ける。
それを知っているだけの事です。

もう一つのお勧めは「必ずベルトをする」ことです。
ベルトは衣服の下でギュウギュウに締めて下さい。
ベルトをすることで、食事量にブレーキかけれます。
腹部の肉が緩みません。
はっきり言えます。何年後かのウエストに差が出ます。

この先々を見越して。
続けられることを優しく続ける事が、美しい身体をキープするのに必要です。

必ず体重計は処分して下さい。

試して下さいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
他の人気記事もお届け!
このライターの人気記事