お人よし投資家です。

増税の向かう先はいったいどこなんやろう?

消費税の増税、

相続税の増税、

密やかに導入された海外財産調書(5000万円以上保有)の作成義務、

マイナンバー制度の開始

1億以上の有価証券に対する出国時の含み益への課税、

所得税増税

その割に法人税は、減税の方向やしな。

 

でも国は、なんか突出した個人を本当極度に嫌うんやな。

 

だからと言って1億総中流を、国が目指しているとは思えない。

家も家族も車も会社すらも日本におかない。

 

もう海外に出てしまうのもありやな。

 

完全なる非居住者のため、そもそも日本へ申告義務がないんや。

 

でも大半は「お金」と「言葉」と「親戚知人」問題なんかで、
日本だけで生きていくことを選択していく。

 

「いやー、なんでこの国は、こんだけ相続税高いんやろう」

とか、いっぺん言ってみたいよ。

 

まあ、大事に貯めたお金は、
子供や孫のために残したいとは思うねん。

 

「相続税」という言葉には、
ネガティブな印象が否めないしな。

 

他の税金なんかは、ものすごく安くしてしまう。

 

いっそ相続税なんて100パーセントでもええくらい!

相続税が低いと、子供や孫のために財産を残そうとする。

そして、財テク(言い回し古いか)のことばっかり考えるようになる。
お金を使わなくなり、経済の活性化が妨げられるんや。

 

現代社会では戦争ではなくて、経済が回らなくなると、
国が滅びるよ。

 

子供や孫が路頭に迷うで。

 

だから、相続税が高いと
「生きてるうちに使わなソン損」となる。

 

旅行でも食事でも車、何でもいい。
お金を使うのは、ホンマ快感やで。

 

経済の活性化にもなるし。

どれだけたくさんお金を持っていても、

1円も、あの世には持って行けん。

お金が残りそうやったら、
子供や孫の教育にお金をかければええやん。

 

子供や孫は成長すれば、しっかり稼げるようになって、
国益につながる立派な人材が育っていくやろ。

 

自分も安心して死ねるというもんや。
さあ、お金は生きている間に使い切ろう!

世の中にお金をどんどん循環させたれ!

 

それが自分のため、

子・孫のため、

社会のためや。

 

相続税100%の理想