やぁキャンだ。

オレは、女とファッションとオシャレなものが好きな男。通称「ナンパ系ファショニスタ」

そんなオレがチャラい紳士たちの共通点の中の一つ「車がクーペ説」について考えた。

クーペとは簡単に言うと2ドアの車だ。近年では流線形の車だ。

チャラい紳士と言っても色々いるのでまずは各界の女好き代表格3人を上げてみた。


ルパン三世


女たらしで三枚目。しかし本人は容姿に自信を持っており(いわゆるナルシストだが自分が猿顔とは一応認識している)、自分を誰よりもイケている男と勘違いしている節があり、そこを仲間達や銭形に突っ込まれる場合がある。しかし三枚目という設定が確立したのは『TV第2シリーズ』以降であり、上述の通り『TV第1シリーズ』では銭形がルパン三世のプロフィールとして「容姿端麗」と語っている(ただしキャラクターデザインが極端に変わった訳ではなく、原作のモンキー・パンチの絵をアニメ化するにあたっての解釈の違いである)。

愛嬌たっぷりの憎めない性格だが、抜け目のない狡知も持っている。

参照

https://youtu.be/QEu5ESNDw1Ahttps://youtu.be/QEu5ESNDw1A

参照

ルパン三世はやっぱ、女好きだけど、紳士だよね。彼の愛車いえば、「フィアット500F」

クーペ?まぁ二枚ドアだ。定義としては、クーペ。


ジローラモ


いわずとしれた、女好き。そしてオシャレ!!チャラ紳士の代表格。

デヴィ夫人に「あなたって、典型的ナポリ野郎ね

参照

と言われるほどの女好きなのだ。そんな彼のお気に入りの車が

IMG_3040

参照

ジャガーEタイプ

やっぱクーベだよな。


ジェームスボンド


映画「007」シリーズの主人公。

映画を見たことある人なら知っているだろう。彼ははっきりSEXマシーンだ。

「女は人妻に限る。事が簡単だから(あとくされないから)」

こんなやりちんな名言も飛び出している。

そんな彼の愛車は通称「ボンドカー」

歴代の作品はを見ると所有してる車はクーペ。

その内容はコチラ→参照


なぜクーペなのか


やっぱこれだろう。

後席用のドアを持たないクーペは実用性に欠けるため、ビジネス用途からは一般的に忌避される。しかし逆に、高級車の歴史においては、その実用性を廃した点が「特別感」「パーソナル感」を強調し、さらには「贅沢の象徴」とされ、一定の存在価値を持っている。フェラーリランボルギーニといった、いわゆるスーパーカーだけではなく、快適な乗り心地と豪華な装備を持つ大型高級乗用車にもクーペは存在し、多くの高級車メーカー(ブランド)において、イメージリーダーとして重要な役割を担ってきた。4ドアセダンはビジネスにもプライベートにも使えるが、2ドアクーペはプライベートにしか使えない。だから贅沢だという価値観である。

参照

やっぱ各車メーカーの最高級車は、クーペが多い。そして上記のようにクーペはドライバーの為の車。快適に運転できる楽しい車なのだ。相手を楽しませるためには自分も楽しまなければいけないしな!

そして単純に運転席が快適ということは、スペース的に次に快適なのは助手席。つまり前列の人に為の車ということ、紳士は自分のこととデートのことしか考えていないのかもしれない。

うん、クーペでデート最高にいい感じだと思う。そして、酒飲んでお泊り!

クーペ好きはSEX好きなのかもしれない。

[personalMelmaForm name=”can”]

キャンの全国旅、毎日20:00更新中!!

ホームレスでも自由に生きる方法知りたい方はこちら

ただただ、スケベな行動

おっぱい募金に行ってきた。大きい子から小さな子までホームレスが揉む

ナンパ系ファッショニスタの活動

ナンパ師奴隷制度開始!ナンパ系ファッショニスタが全国呼ばれた場所に行きます

初心者向けナンパテク公開。一緒にナンパしよう!

移動式ホームレスとしての生き方

ネットカフェ難民とホームレスとノマドの違いを調べてみた

ホームレスになったらなぜか友達が増えた不思議

〔ナンパ系ファッショニスタ出没事例〕

六本木 渋谷 道玄坂

銀座 品川 東京タワー

横浜 宇都宮 大宮 水戸

名古屋 岐阜 郡山

大阪 京都