家にTVはあってもTV番組は観ない。

そんな生活になってから早いもので一年。

 

もともと家族ぐるみでTV大好きっ子だったので

はじめはTVを観ない一日なんて考えられなかった。

 

あとこれは一人暮らしをしてる寂しがり屋君なら

僕の気持ちを理解してくれるとは思うんだけど

 

一人暮らし。

家に帰ってきて玄関のドアを開けると

そこからは「し~~ん」という音がする。

もちろん部屋もひんやりとしている。

 

その空間は寂しがり屋の僕にとっては

なかなか耐え難いものがある。

 

そんな時の救世主が僕にとってはTVだった。

TVから聞こえてくる人々の笑い声だった。

だから、内容なんてどうでもいいけど

とにかくTVのスイッチを入れて

人間の笑い声をひんやりとした部屋に放つ。

 

無音のひんやりした部屋と気分を

紛らわすためのツールがTVだった。

 

だからTVを点けない生活は考えられなかった。

 

けど、人間の「慣れ」というものは

非常に便利なものである。

 

帰宅後にすぐTVのスイッチを触る癖を制御して

初めは心がザワザワしたりもしたが

いつからだろうか気づけばそのザワザワも無くなり

TVのスイッチを触らない生活のほうが

あたりまえでありかつ有意義な生活の第一歩になった。

 

 

習慣から外したものは「ありがたみ」を帯びる

 

10336-01

 

そんな感じでもう一年近くTVを観てなかったけど

ここ数日は浴びるようにTV番組を観ている。

というのも年末年始を実家で過ごすために

新潟の実家に帰ってきていて

家族と一緒にうまい飯を食いながら

いつのまにか点いてるTV番組を

新鮮な気分で眺めている。

 

以前は当たり前すぎて

「くっだらねーな」と独り言を言ったりしてた

何でもないお笑い番組も

一度習慣から外した後に久しぶりに受けとると

なんとも言えない「ありがたみ」みたいなものを

素直に感じることができる。

 

こう考えると「距離をおく」とか

自分の中でその存在を「溢れかえさせない」

ということはとても大切なことなのかもしれない。

 

「初体験」を特別に感じるのは

「新鮮」というものが深く深く関わっている。

何においても自分の中で

新鮮さを保とうとする試みは非常に重要である。

 

 

最近のCMはイケてるな

 

19e96148d99a04f81508933218d33e25

 

久しぶりにTVを観ていて感じたのは

「最近のCMはイケてるな~」ってこと。

 

良いこと言ってるわ~

と感じるCMがいくつか目に入ってきて

一人で勝手にテンション上がってた。

 

例えばこれとかね

 

 

NISSANの電気自動車のCM

 

 

二種類の人間がいる。

やりたいことをやっちゃう人とやらない人

~~~

やりたいことをやっちゃう人生の方が

まちがいなく面白い!

 

永ちゃん!

勿論っす!

 

 

山崎GOLDシリーズのCM

 

 

 

僕が実際にTVで観たCMは

この動画とは別バージョンなんだけど

痺れること言ってたんだ。

 

この通りではなかったけどこんな感じ。

 

役者ですけど

音楽もやるし絵もやります。

人からみたら遊びみたいに感じられるだろうけど

僕にとっては違う。

 

好きなことをやるのが

人を膨らませてくれる。

 

ですよね!

自分は「やりたい」と思っちゃった。

思っちゃったんだから

もうやるしかないよね!

人に何を言われようが

常識に囚われた自分の中の思考が

なんだかんだ言って邪魔してきても

自分の心は「やりたいっ」と感じたんだ。

だったらやっちゃいな。

 

「笑っていきていきたい」なら

もうそれしかないさ。

 

 

かんぽ生命のCM 「人生は、夢だらけ」

 

 

迷ったら面白い方を選べばいいんではないでしょうか。

 

その通り、です!

 

 

 

人生が思い通りにならない。

やりたいことができない、手に入らない。

その原因は実はとってもシンプル。

みんな自分で複雑にして苦しんでる。

 

欲しいと思ったものは

何が何でもとりにいけばいいんだ。

それは世間からは批判されることでも

身近な人間からは猛反対をくらうことでも

君はあなたは自分自身はそれを

「ほしい」と

「やりたい」と

そう思ったんだから

思ってしまったんだから

一度芽生えたその純粋な想いは

消すことなんてできないんだから

無理に消そうとしたら

自分が自分でなくなっちゃうんだから

 

だからとりにいけばいい。

心が欲したものを。

心が求めるままに

真っ直ぐに追い求めればいい。

 

君の「思考」が

君の「本能」に突きつけた

「おあずけ」はもう必要ない。

今すぐ

この瞬間から

「よしっ」をだしてあげよう。

 

それが

自分が自分らしい笑顔で

笑って生きていくための

たった一つの方法なんだ。