お人よし投資家です。

お金の無駄遣いと感じることは、

社会から見ればありがたいこと。
たしかに、無駄遣いには悪い印象がある。

計画になかったブランド物、必要以上の食材・洗剤、

大量のお菓子、頻繁な外食、ワンランク上の新車。

不必要な消費は

「浪費」と呼び

もったいない、とされる。

世の中、浪費を戒める

フィナンシャルプランナーとか、

元銀行員、

○○アドバイザーとかの本もたくさんだ。

確かに普段の生活では、

無駄遣いは控えるほうがいいかもしれない。

では、すべての無駄遣いは無駄なのか?

化粧品や健康食品、おもちゃも無駄でっか?

じゃあ、これで売上立てて生活している人は・・・・・

悪か?

そんなアホな。。。

無駄遣いをした、と思ったとき、

こう考え直すことにしている。

「社会貢献をした」

「寄付をした」と。

そんなに自分を責めないで。。。

自分が無駄に使った、と思ったお金でも、

ちゃんと、店の売り上げにつながっている。

何かを消費してお金を使ったのなら、

悪いことではないよ。

あなたから、別の場所に「お金が移動」しただけ。

資本主義社会では、お金は流通させよう。

自分としては無駄遣いと感じても、

社会から見ればありがたいことやんか。

たとえ無駄遣いだとしても、

世の中の

お金の流れをよくすることに

貢献できたことにはなるはず。

世の中から見れば、ええことしてる。

無駄遣いではなく、

「価値のある行為」

と思いなおすことだ。

さあ、年末年始

新年からは、何にいくら使ったのかは、気にしてみてね!

出ていくお金 < 入ったお金 = お金は残る

a0002_010815
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
他の人気記事もお届け!