hi,guys!!

10歳から旅してます旅人の戸田慶一です。

 

今回はですね、

あなたも気になっているであろうTENGAについて

旅で感じたことなども含めて

書いていこうと思います。

 

まずはじめに

ステマ記事ではないです笑

 

もし、この記事をTENGA関係者の方がご覧になられましたら

一番最後までしっかりお読みください。

 

TENGA=未来のオナニーと僕は思ってます。

 

“未来の”です。

 

これは男性だけではなくて、

女性にも価値ある記事にしたので

笑いながらでも読んでみてください。

 

その中であなたの未来のオナニーを想像してください。

 

では

TENGAの唱える未来のオナニーの世界へ行きましょう。

オナニーの未来がやってきた

TENGA
未来のオナニーって何だよ!!??

ってなりますね。

 

でも、

TENGAはそれを感じれるというのですから

興味湧きませんか?

 

少しの値段でそんな人に話したくなるような快感を得られるなら最高じゃありません?

 

では、

ちょっと見て欲しいグラフがあったので見てもらおうと思います。

この一か月で何回オナニーしましたか?

男性の平均値は6.5回、それに対し女性の平均値は0.9回となり、男女に大きな差が出ました。年齢別に見ると20代が6.7回と多く、20代男性の11.1回が最大値を示しました。都道府県別では秋田県が5.6回でTOP、最も少ないのは福井県の2.8回でした。

参考URL

 

さすが20代!!

もうしまくってください笑

 

でも、

TENGAを使うともっとやっちゃうはずです。

だって未来のオナニーですもん。

 

こういうデータをみるのは結構面白いですね。

記事書きながら勉強させていただいております。

種類豊富でアダルトグッズが愛おしくなるデザイン

これ見慣れない人は

こんなに種類あるの???

 

これ全部オナニーグッズなの??

 

ってなっているかと思います。

 

デザインよくないですか?

僕は好きなんですよね。

 

僕の好きな色である”赤”がイメージカラーってのもいいんだよね。

 

ここのところアダルトグッズのデザインだったりも楽しくなってきたし、

身近なものになってきた。

 

ただこういう問題ってやっぱり日本じゃまだまだパーソナルなトピックだよね。

 

 

パーソナルトピック”オナニー”

girl
まだまだ性に関してオープンとは言えない先進国日本。

 

これが国民性だと言って片づけることは簡単だが、

僕は損をしていると思うのです。

 

こうしたら最高だったとか

仲間内で話せるようになれば

性に関する関心が高まって行くと思うから。

 

その一端を担っているのがTENGAなのではないかと思うのだ。

 

アムステルダムには数多くのアダルトショップが立ち並び、

SEX MUSEUM もある。

 

国が認可して風俗を産業にしているだけあって

性というものに関して日本とは比べ物にならないくらいオープンな印象を受けたんです。

 

性へのしっかりとした意識を持つことが

性病拡大抑止やもっと先には

子供たちへの性教育という点においても

影響を与えていくと思うんですよね。

 

なので僕はここでTENGAについて書こうと思たのです。

 

では、

どういった場面でTENGAが活躍しているかを見ていきましょう。

医療の現場でもTENGAが使われている

射精障害の治療について

性機能障害において、射精障害は勃起障害(ED)の次に多い疾患です。
特に膣内射精障害は誤ったオナニーの方法が原因である場合が多く、例えば畳やシーツに擦りつける方法(非用手的マスターベーション:Push法)や、強すぎるグリップが主な原因となります。

獨協医科大学越谷病院の小堀善友医師をはじめ、泌尿器科の医師の方々は、患者さんに対し、TENGAを用いた治療・リハビリテーションを行っています。

具体的には、TENGAカップシリーズをハードからスタンダード、ソフトと段階的に刺激を調整し、使用していくことで、射精に対する閾値(いき値)を下げていくように指導しています。

また、早漏治療のリハビリテーションツールとしても、活用され始めました。
TENGAの用途は、単に楽しむだけのものではなく、男性の性に関する悩みの解決にも広がりをみせています。

参考URL

前立腺全摘後のリハビリテーション

前立腺がんの手術により、前立腺を全摘した後の陰茎のリハビリテーションにおいて、性的刺激は性機能を回復する上で重要なことです。

聖隷浜松病院の今井伸医師をはじめ、泌尿器科の医師の方々は、患者さんに対し、TENGAを用いたリハビリテーションを行っています。

具体的には、薬を内服した後にTENGA EGGを陰茎に被せ手で覆い、こする様に使用することにより、性交に近い感覚を得てもらうように指導しています。

前立腺全摘後のリハビリテーション治療に関する論文は、日本性機能学会(2011年8月、2012年1月)でも発表されました。

参考URL

障害者のオナニーを手伝う仕事

東京にいたころ

知人女性で障害を持つ方のオナニーを手伝う仕事をしている人がいたんです。

 

詳しく話を新宿2丁目のバーカウンターで聞いたのを覚えています。

 

医療用の手袋をしてすると言っていました。

 

今は連絡先が分かりませんが、

そういった現場でもTENGAを活用していくことで

障害を持つ方たちにも”未来のオナニー”を体験していただくことができるのではないかと思うのです。

 

旅してみるとTENGAが必要な国は沢山あった

TENGAは現在も多くの海外で販売されています。

 

アジアの取り扱い国をみると、

ミャンマーがないんですね。

 

ミャンマーでは今とある問題が水面下で進んでいるんです。

それは性病の蔓延。

 

格安の風俗で

ゴム無しSEXによってすごい勢いで広がりをみせています。

 

これはミャンマーという国柄もあって

つい最近まで鎖国状態であったことが大きく関係している。

 

手っ取り早くお金を稼ぐには

身体を売るというのは非常にいい手段なわけです。

 

ただ、

鎖国状態で周りの情報もなく

特に

性病などの危険を知らない人が多すぎる。

知らないからそのまま他の客と寝る。

 

それを繰り返すから広がるスピードは半端ないわけ。

これは風俗のボーイや女の子などに聞いてきたことなので間違いないです。

 

上で触れたように性教育という観点でもミャンマーとかにはぜひ進出してほしいと思います。

とりあえず半端なく気持ち良すぎるんで、あなたもどうぞ

もう変に構えたりしないで使ってみたらいいです笑

すげー気持ちいいです。

 

意識、明後日の方行きます。

 

TENGA ONLINESHOP

 

僕は海外から来た友人へのプレゼントでよく渡します。

あとは

旅に行くときに面白いやつにあげたりしました笑

 

何度も触れていますが

パーソナルトピックなアダルトグッズなんで

結構みんな喜ぶんですよね笑

 

この快感をあなたにも

世界にも届けたいです。

TENGA関係者様

ちょっとお耳を貸してほしいことがあります。

 

僕は冒頭でも触れたように旅人です。

 

考えている企画があります。

もしやらせたいと思ったらぜひ(株)K.RTRuang当てにメッセージいただければと思います。

もしくは僕個人のSNSへの返答でも構いません。

 

僕のザックをTENGAカラーでロゴも入れて

服も指定色を着ます。

 

そのスタイルで世界を歩きたい。

 

そして上で述べたようにTENGAを配ったり

TENGAのコンドームを配ったりしながら旅をできないかと思っております。

 

なんなら髭も赤くします。

眉毛もします。

 

例えば3か月間で世界一周航空券を使って

世界をそのスタイルで歩いてくる。

 

もちろん

その間の様子は同行者に動画を撮っていただけたら嬉しいです。

 

色々な国でTENGAへの反応をコンテンツとして創りたいなと思います。

 

僕は以前クラブで働いていて

イベント協賛も当時考えましたが

色の合うイベントを創れませんでした。

 

今までは個人資産でそういったことを少しだけしましたが

1人旅なので動画コンテンツとしても残りませんでしたし

旅をしながら面白いコンテンツを創りたいと思ってます。

 

もしお話をしたいと思っていただけましたら

ご連絡をお待ちいたしております。

 

旅人:戸田慶一

TENGAスポンサーの旅人とかいいなー

ホントにTENGAが旅人のスポンサーになってくれたら

最高だなー。

 

なんて夢見心地なんですが、

僕の人気記事読んでいってくださいよ。

 

気に入っていただけたら【いいね】【シェア】してくださいね!!

 

【ついにアメリカ政府が認めた】癌は大麻で治せる!!

話題騒然の4.1万いいね・10万PV超のバズ記事

 

初体験は生で4時間!腰がガクガクです。あ、生放送のことだけどね。

初体験は楽しいもんです。

 

世界で一番ファッションを愛すサプール(SAPEURS)になりたい

僕の憧れ。かっこよすぎる!!

 

ぜひタメになったとか、面白いって思ったら

シェアなりツイートなり

ブクマにポッケにいれてね!!

 

 

ここでは書けない旅の裏話聞きたい??

もう公な場所には書けない旅の裏話を聞きたい!!って嬉しい声がありまして

 

色々な提供方法を考えたのですが

メルマガというクローズドな媒体で裏話を配信します。

 

[personalMelmaForm name=”toda_keiichi”]

 

この中では裏話はもちろん

死にそうになった話

旅をしながら稼いでいくことに関しても書いてます。

 

あなたが自由に人生を楽しむ人生にしたい!!と思うなら

CHECK IT OUT!!

 

じゃまた、

See,ya!!