あなたは会社の同僚や上司、家族などにどう思われていますか?
できれば周囲の人間には、軽薄ではなく大物だと思われたいですよね。自分の業績うんぬんはちょっと置いといて、今の自分を簡単に大物に見せる方法を紹介します。これらを実行するだけで誰でも大物になれちゃいますよ。

 

1.口数を減らしてみる

 

大物に見られたいのなら、口数を減らしてください。

 

まず、大物は多くを語りません。そのため、口数が多い人間は軽薄に見られてしまうのです。たくさん言葉で語ってしまう人は、周囲の人間からは、不安で自信がないのかなと思われます。

 

言葉の中身に物足りなさを感じてしまうから、それをごまかすために多くを語っているんだと解釈されます。

 

自信を持って、口数を減らしてみてください。そうして、今まで会話に費やしていた時間を本当に大切なことをするために使ってください。

 

 

 

2.ゆっくりと話してみる

 

何かをまくしたてるように早口で話す人がいます。早口で話すと言葉が軽くなり、内容の真実味がなくなってしまいます。それから、何か焦っている印象を受けるので、よくないでしょう。

 

大物は、言葉をゆっくりと話します。威厳を持って、ゆっくりと話すことから、一言一言がとても重く感じられるのです。

 

頭の回転が速い人は言葉も早く話しがちです。ですが、頭の回転が速くても、言葉ではゆっくりと話せる人ほど、実は頭がいい人なのです。

 

 

3.相づちを減らしてみる

 

理解したということを示すために何度も相づちを打つ人がいます。

 

でも相づちは少ないほどいいです。というより、1度で十分でしょう。何度も相づちを打つと、本当に話を聞いているのか?という印象になります。馬鹿にしているかのようにみえることもあります。

 

大物がするような相づち。それは、話を聞いて、静かに1回打つ相づちです。

それ以上のものは無駄でしかないでしょう。

 

 

まとめ

 

大物はしゃべりすぎず、ゆっくりと話し、相づちを1度だけします。これだけ守っていれば、あなたも大物に近づけますよ!