ども、

10歳から旅してます旅人の戸田慶一です。

 

今日は僕の憧れる存在に関して書きます。

 

それはサプール(SAPEURS)

世界で一番エレガントな男たち。

 

カッコいいよねー。

もう最高。

 

世界で一番ファッションにお金を使うとかと言われている。

 

けれど、

彼らの多くは

贅沢なんてできるような生活では決してない。

 

この記事でスプールのことを少しでもあなたに知ってもらおうと思います。

 

僕が現地行ったら彼らとビシッと決めて遊びたいなー。

 

通訳とか付けてしっかり彼らの考えとか聞きたい。

 

そんな僕が惚れるスプールの世界へ早速あなたをお連れしよう。

彼らの舞台はコンゴ

画像で赤くなっているのがコンゴ民主共和国

その左隣がコンゴ共和国

 

主にサプールの彼らはその両コンゴに存在する。

 

サプールとはサップ(SAPE)をしている人という意味。

※サップ=両コンゴに見られるファッションの一種

 

派手派手のサップだが

そこにもルールがあるんです。

 

では、

そのルールに関してみていきましょう。

 

サップ(SAPE)の着こなしルール

サプール2
その鉄則は

コーディネートに3色より多く使ってはいけないというものです。

 

シンプルな組み合わせの中で

いかに自分をかっこよく見せられるか。

 

ただ彼らの多くは貧しい者も多いが

月収の数倍もする

高級ブランドスーツに身を包み

帽子や葉巻、パイプ、ステッキといった小物をつかう。

タキシードやシルクハットも。

中にはタータンキルトを使うものまでいる。

 

そんな姿で彼らは両コンゴの街中を闊歩するのだ。

 

 

 

サップ(SAPE)の語源って??

SAPEとはフランス語のSociété des ambianceurs et des personnes élégantes(日本語訳は「おしゃれで優雅な紳士協会」や「エレガントで愉快な仲間たちの会」などいくつかの訳がある)の頭文字をとったもの

参考URL

 

 

かっこいい。

たまんねーな。

 

こういうさ、

世界のサブカルやアングラカルチャーの番組とかやりたいなー。

 

 

あなたの非常識は世界の常識

彼らは月収の数倍の高級スーツを買って着こなして歩くわけです。

 

これって多くの日本人には理解不能なんではないですかね?

 

どうですか?

 

月収3か月分のスーツを買って、やれますか?

彼らはそこへの投資は惜しみません。

 

これってすごいですよね、覚悟

 

僕は彼らを尊敬するのですよ。

 

どれだけ裏で苦労しても

サプールでいるときは決して表に出さない。

 

彼らの姿には学ぶべきところが多い。

サプールになるにも、コンゴに行くにもお金がかかるよね

この記事読んで

コンゴに行って自分の目で見たいなーって思った人もいると思うんですよ。

 

行くにしても

僕が書いたように通訳付けて

より深く彼らの言葉を知ろうとするにも

お金が必要です。

 

僕はパソコンだけで生計を成り立たせ

好きなように生きてます。

 

最近

そんな方法を詳しく教えてくれませんか?なんて質問が多いです。

 

そこで

どういった方法で提供するのがいいか考えた結果

メルマガで教えようと思ったんです。

 

ただ

登録できるのは数日間です。

少ししたら登録できなくします。

 

ですので知りたいと思った方は

ぜひ登録して情報を受け取ってくださいね。

 

[personalMelmaForm name=”toda_keiichi”]

僕の記事他にも読んでみない?

せっかくなんで

僕の人気記事とか読んでみません?

 

気に入っていただけたら【いいね】【シェア】してくださいね!!

 

【ついにアメリカ政府が認めた】癌は大麻で治せる!!

話題騒然の4.1万いいね・10万PV超のバズ記事

 

【保存版】海外ATMの使い方

もう不安にならなくていい海外ATMの使い方(取引画面イメージ付き)

 

10歳から旅をする僕が教える旅費を抑えるトラベルハック10選

僕が旅の時によく使う手法ばかり。ぜひお役立て下され。

 

ぜひタメになったとか、面白いって思ったら

シェアなりツイートなり

ブクマにポッケにいれてね!!