タイトルにも示した通り、「恋愛は冷めてもいい」のです。

むしろ、冷めない恋愛などあり得ないでしょう。恋が始まった瞬間は、誰しも熱が入るものです。これはごく普通のことで、悪いことではありません。

(でも、アツアツの高校生カップルとか見てると、石を投げたくなりますよね。笑)

 

いえいえ、すみません。本音が漏れてしまいました。おかしいですね。

 

恋愛が冷めるのは当たり前

 

どんなに最初が熱くても、恋愛はいずれ冷めてしまうものです。すべてが好き!とか言っていても、付き合い始めると、ひとつふたつと気に入らないところが出てきます。理想とかけ離れていくのです。

 

そうして、最後には恋人であることに冷めてしまいます。

 

何も私は、そこで別れろと言っているわけではありません。繰り返しますが、恋愛や恋人に冷めるのは当たり前なんです。冷めた中で、「別れなかった人たち」だけが今後、長く付き合いを続けることができます。

 

つまり、冷めるという感覚は、「恋人同士である二人」を試しているわけなんですね。

 

それは恋人同士ではなく、夫婦でも同じことです。ひとつ屋根の下で暮らしていると、どうしても気に入らないことが増えていきます。

そんなときに、相手の言うことをイライラしないで聞けるかというのは、とても大事です。

 

冷めた恋愛をなんとかしたい!

 

そうはいっても、冷めたままの恋愛なんてつまらない! そう思いますよね。また再びアツアツになるのは難しいですが、改善する方法はあります。

 

相手に理想を押し付けるのはやめましょう。相手も人間です。少しくらい嫌なところがあるのは当然です。彼はそういう人間なんだと、そのまま受け入れる気持ちが必要です。

 

それから多少、嫌だと思っても、その人のためになることをしましょう。食事中に醤油を取ってあげるとか、新聞を取ってあげるとか、そういうことですよ。

 

本当に嫌なことはする必要はありません。

 

ストレスが溜まったときには、相手に当たるのではなく、趣味や好きなことをするのがリフレッシュになります。面倒くさいですか? それが恋愛というものなんです。

 

 

 

bs150415031093
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
他の人気記事もお届け!

Comments are closed.

よく読まれている記事

Sorry. No data so far.