ワークショップデザイナー丸山

profile_maru

最近、彼と同じオフィスで仕事することが増えたのだけれど
最近個人的にイラっとしていることがある。

その問題とは…??

彼(丸山)の

キーボードの打音がうるさい!!!

もしかしたら、これをお読みの皆さんも
オフィスや家庭で感じたことがあるかもしれない。

「カチャカチャカチャカチャカチャカチャ」

「スターーーーン!!!(Enterキー)」

という、この音(実録生音声↓

一度気になりだしたら止まらない。

もう「カチャ…」くらいの時点でイラっとして
Enterキー強めに押されたら、「ハァ!?」ってなる。

マジで僕の仕事に支障をきたすくらい
由由しき自体に直面している

限界だ…。

彼の打音がうるさいのか?

僕が気にし過ぎなのか?

それは、わからない。

ただ、同じように感じている方は多いはず

※Twitterでの声

そして、このままではマジで仕事が進まん!   言いたいことは、 ハッキリと本人に伝えるべきだ。   だから今日は、世界中でキーボードの打音に悩まされている人達を代表して、勇気を出して 正直に伝えてみようと思う。

キーボードの打音がうるさい人の特徴と改善する方法

ただ、しっかりと伝えるためには、
こちらも知識武装が必要だ。

「じゃあ、どうしろっていうんだよ!?」

IMG_0170

逆ギレされた時のためにね。
キーボードの打音の対処法について先に調べてみた。

ゆとり世代は何言い出すかわからんからな。

その調査の途中で、

「キーボードの打音がうるさい人の特徴」
というのが気になったので、確かになと思ったものをまとめてみる。

キーボードの打音がうるさい人の特徴 特徴1 ほぼWindowsユーザー

なんかわかる気がするw

ただ、これにはちゃんと根拠がある。
Windowsの場合は、周辺機器を作っているメーカーも沢山あるし
良いものから粗悪なものまで、とにかく数が多い。

だから、静音設計がされていない製品も多いんだとか。

一方でMacの場合はある程度、
低音設計がされたキーボードになっていて
かつ、種類も無い。

かくいう僕もMacユーザーだから、
言っているお前がうるさいのでは?
という心配は不要だ。

実際に使っているけど、
確かにそんなにうるさくはならない(自称)

では、肝心の丸山氏のPCを見てみよう。

IMG_0165

完全にWindowsPCだ!

しかも、彼の場合キーボードを
わざわざ外付けでつけていやがる!

IMG_0160

いかにもうるさそうなキーボードだ…

ノートPC自体はハイスペックなやつだし
多分そのキーボードであれば↓
そんなに音うるさくないはずだぞ?

IMG_0161

ちなみに僕が彼に
この件を言い出しづらかった理由は
実はこのキーボードにある。

このキーボードはまだ買って
2週間も経っていないし
彼は、購入してモノが届いた時

「うわー、よっしゃー、最高だー!」

とか言ってワクワクしながら開梱、設置していた。

だから、今でもその時のホクホク顔が目に浮かぶ。

そんなお気に入りのキーボードを取り上げあられたら、
彼はどうなってしまうのか?

それが今回の大きな不安材料でもある。

特徴2 仕事が出来るアピール強め

キーボードを常にカチャカチャなっていると
凄く仕事をしている感じがするのでしょうね。

まるで、作業用BGMかの如く打音を奏でている人、いますよね。

もしかしたら、彼はそんな自分の打音に
酔いしれてしまっているのかもしれない。

だとしたら、大変だ。

彼は大きな勘違いをしてしまっているかも。

これは早く指摘してあげないと可哀想だ。。。

後は最後にエンターキーを

「スター−−ン!!!」

と押しちゃうところとかね。

決めてやったぜ!
といわんばかりのドヤ顔を決めているんだろうな…

こんな感じでw

IMG_0175

キーボードの打音を低減する方法

彼のためにも、なんとかならんかな…と思って対処法を調べてみた。

これと言ったのは無く、当たり前だけど次の2つが鉄板かな。

対処法1 カバーをつける

これで10分の1くらいには軽減されるだろう。
入力はしずらくなりそうだが、そこは慣れでしょ。

「打った感が無い」とかいってきたら、冷静に、

「君はその音に酔いしれて仕事した気になっているだけだよ」

と優しく説いてあげよう。

対処法2 キーボードを変える

カバーつけるほどの低減効果は無いかもしれないけれど、
しっかりしたのに変えれば、半分くらいにはなるのかな?

彼の場合、ノートPCのキーボードそのまま使えば
かなり低減できそうだけれど。だから0円でOK。経済的。
机のスペースも取れるし、一石二鳥でしょ。

「打った感が無い」とかいってきたら…(ry

まぁ、このどちらかでも良いから彼が受け入れれば成功だ。

さぁ、勇気を出して言ってみよう!

smzicon「すごく言いづらいんだけどさ。」

mrymicon「はい」

smzicon「キーボードの音がうるさいんだけど、なんとかならない?」

mrymicon「…」

smzicon「……」

mrymicon「え…? そ、そうっすか??www」

結論:全く反省していない。

smzicon「確かに俺が気にし過ぎなのかもしれないけれど、ちょっと抑えられないかな」

mrymicon「このキーボードが悪いんですかねぇ…?」

smzicon(そうだ!そうだ!ここはズバリ言ったほうが良い。)

smzicon「カバーつけるか、外付けキーボード辞めるかしてくれない?」

すると、予想通りの顔してきたw

IMG_0170

すげぇ、嫌そうw

…だったけど、渋々なんとか外付けキーボードを外して
ノートPC付属のキーボードで作業を始めた。

IMG_0172-1

(ふぅ、これにて一件落着)

…と思っていたところ、

「カチャカチャカチャカチャカチャカチャ」

「スターーーーン!!!(Enterキー)」

全くそんなことなかったw

結果:うるさい

確かに半減した感じはあるけれど、

だめだ…コイツ…

IMG_0173

単純にキーボードを打つ力が強すぎるwww

必要以上の力で押している。

なんてこった。

もう、こうなったら、
キーボードを相当力を吸収するものに変えないかぎりは
永久に僕は仕事ができなくなってしまう。

必死に…1週間以上…(ガチで)

頭を悩ませて考えた結果…

ついに打開策を見つけた!

打音を全て吸収するキーボード

彼のキーボードを叩く力が強すぎるのであれば

それを全て吸収させてしまえば良い。

そこで、彼のために用意したのがこれ。

IMG_0176

「The marshmallow keyboard」

そう、マシュマロキーボードだ!

一つ一つのキーが、柔らかくて弾力のある欲張りボディになっていて
彼の強烈な打ち付けを吸収し、一気に打音を和らげてくれる。

最初は、はじめてスマートフォンに触れた人みたいにビビっていた彼も

IMG_0180

ひとたび使えば…

IMG_0185

「あ、やわらかくて…」

IMG_0186

「気持ちいいいいぃぃぃい!!」

IMG_0188

ご満悦の様子。

ちなみに、このキーボード、

一番大事な「Enter」キーは次のようになっている。

IMG_0182

今まで散々強く当たってきた分、特に優しく扱ってやれよ!

という意味を込めて、あえてこちらのモデルでオーダーメイドした。

「今まで、強く叩いてごめんよ…。大事にするからな。」

IMG_0190

あまりの愛くるしさに、優しいフェザータッチでいつも撫でている。

IMG_0192

このキーボードを導入することによって、

恐らく1万分の1くらいに打音が軽減されるだろう。

すごい効果だ。

なんて素晴らしいキーボードなんだ。

もちろん、コレ以外にもメリットがあるぞ

まずはお値段

IMG_0153

150円(マシュマロ1袋)+100円(デコペン)とお手頃価格

デタッチャブルキーボード

IMG_0197

1つ1つのキーが独立しているため、

お好みの配列に自由にカスタマイズができる優れものだ。

邪魔なときは、写真のようにまとめて収納もできる。

キーボードの打音に日々悩まされている方は今直ぐためしてみて欲しい。

ふぅ、これにて一件落着。

皆さんも快適なPCライフを!

IMG_0195

注)マシュマロは美味しくいただきました。