ウマが合わない、一緒にいて疲れる、自分勝手で嫌だ。あなたの周囲にそんな人はいませんか? 離れたいのだけれど、人との関係は切っても切れないもの。うまく行かず、ぐだぐだ付き合い続けるなんてことはよくあることです。どうしたら関係を切ることができるのでしょうか。ひとつの方法を紹介します。

 

徐々に距離をとる作戦

 

付き合うのが嫌な人と関係を断ち切る一番簡単で確実な方法は、その人と少しずつ離れていくことです。例えば、遊びやランチに誘われたとき、何かと理由をつけて断るのです。毎回断るのではなく、初めは4回に1回だとか、そういう頻度で断っていきます。どうしようもないと思わせる理由で断るといいでしょう。

 

断られるのが数回起きると、相手もこちらを誘わなくなってきます。こうして面倒な人との関係を断ち切ることができます。社内で関わらなくてはいけない人であれば、なるべく話さずにすむようにしてみてください。それでも話す機会ができてしまったら、それはそれで、愛想良く接したほうがいいですね。

 

人間関係をバスっと断ち切ってしまう

 

 

人間関係がややこしくなってきた。ここで人間関係を大きくリセットするために「消えてしまう」人がいます。その方法も有効的ではあるのですが、嫌な人ができるたびに消えていては、結局何も変わらず、解決にはなりません。理想的な人間関係を築くためには、一度に断ち切るより、徐々にゆっくりと関係を変化させていくことが大切です。

 

ただ、徐々に距離をとることを多用しすぎると、最終的には仲良くしたい人も離れていき、ひとりぼっちになってしまいます。「徐々に距離をとる作戦」の使い過ぎに注意してください。

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

今付き合っている人たちと上手く関係が築けそうですか? 付き合うのが多少面倒でも、人間関係とはそういうものだと、諦めて生活するのもひとつの手ではあります。

ですが、人生の時間は限られています。有意義に時間を過ごすために、人間関係の取捨選択は必要ではないでしょうか。