出会いました世界一おいしいコーヒーに♪

 

 

コーヒー大好きなノリック。毎日飲みまくっています。
朝お湯を沸かし、お気に入りのコーヒーカップと500mlの魔法瓶に入れていつもでもどこでもおいしいコーヒーを楽しんでいます。

2015-10-23 21.51.20

 

 

ドライブ中も少し大きめのコップにコーヒーを入れてドライブを楽しんでいます。

2015-10-10 06.33.17

 

コーヒーは私にとってなくてはならない存在。

 

もちろん今もコーヒー飲んでパソコンをぱちぱちしています。

2015-12-05 15.14.55

忘年会までの少し空いた時間、 いつものコワーキングスペース ”I ‘ll Be”でゆっくりしてます。

(このまえ書いたI’ll Beの記事はこちらです

地元のコワーキングスペースを活用し夢を無限大に!あの有名な美人書道家にも出会いました。 )

 

 

外で自分の好きなコーヒーに出会えない

でも、なかなか外ではおいしい出会うことができません。

 
定員に「どんなの好きですか?」と言われても、「・・・・」うまいこと説明できず。
値段が高いからといっても私に合うかどうかは別物・・・
結局、「ブラックに合うコーヒーを・・・」とよくわからない返事。
ほんま好き?と自分でも疑ってしまう・・・。

 

 

でも、この前(いや2年前)出会ったことを思い出したので書いちゃいました。
思い出したきっかけは、いつも通っているI’ll Be近くのコーヒー屋
「マウンテン」

2015-12-05 15.03.52

 

実は、2年前に出会って飲んでいたのです。
それが今まで飲んだ最高のコーヒーでした。

 

 

 

最高のコーヒーの作り方

1. コーヒー豆を挽く
2. コーヒー豆を粉にする
3. コーヒーを注ぐ
 

以上

えっ??
普通やん!!と思った方多いでしょう。
そうだと思います。

ここからポイントです。

 

 

“誰に”が大事

ポイントは“誰に”そのコーヒーを作ってもらうかです。

 

 

そうです。コーヒーは生き物。味は作る人によって変わります。
機械で作ったのと人間で作ったのでは別物。

私にとって最高のコーヒーを作ってくれたのは“娘”です。

 

 

ここで、“親バカ”と思って、ページを閉じようとしたあなた。
親バカで申し訳ないですが、もう少しだけお付き合いを(^^♪ (すぐ終わります)

 

 

ということで
改めて

最高のコーヒーの作り方

1. コーヒー豆を挽く

初挑戦。最初は楽しくやっていましたが、5分くらいずっとこの態勢。
当時小学1年生だった娘には大変だったみたい。でもありがとう♪

20131110_102

 

 

2. コーヒー豆を粉にする

こんな大きなコーヒーを炒る道具を使ったのは初めて。しっかり腰を入れて体全体で回さないと回りません。頑張れ&ありがとう!!

20131110_084

 

 

3. コーヒーを注ぐ
コーヒーを注ぐのは機会だったので省略w

4. スペシャルオプション、かわいいサンタさんで飾る
プロ顔負けのパリスタ!ちゃんとサンタさんになっている!!かわいぃ♪

20131110_062

 

以上、親バカでした。

 

でも、誰に作ってもらうかで味が全然違います。

 
仕事でもプライベートとでもそうですよね。同じ時間、同じ空間でも誰と過ごすかで中身が全然違ってきます。
あなたの貴重な時間、一度誰と過ごすべきか考えてみてください。

 

20131110_067

家族との時間を作るのに集中したら世界が変わったファミリータイムマネージャーのノリックでした。