やぁキャンだ。

オレ全国旅してるから、行く先々で、色んな人に会う。それで初めは、だいたい歳とか出身とか聞かたりして、自己紹介会話をする。

キャバクラの初めの感じに似てるよね。うん、まぁ確かに自己紹介は大切だよね。深い仲になるには、必要だと思う。

しかし、先日会った男性から、そのデニムいいっすね!って言われたんだ。ほぼ一言目に。

で彼のジーンズも同じブランドだった。そして、そのブランドのどの型が、どうで、これがこうで、オレはアレが一番好きとか、そういう話で盛り上がった。そのあとに、彼の名前を知った。

仲良くなるのには同じ趣味が一つあればいい。それだけあれば会話は弾むし、仲良くなれる。

彼との会話の内容はマニアックなので、省くが、久しぶりに趣味の濃い話をした。

そして、気付いた。共通の話題があればいいのだ。

自己紹介は共通の話題を見つけるための儀式みたいなものなのだと思った。

共通の話題があれば自己紹介がなくても仲良くなれる。上記のように。

なので

ファッションなんかは特にそうだと思う。

だってリアルで会えば一番初めに入ってくる情報は視覚からなわけだ。

お互いがお互いに力を入れてるところが一緒だから、気付けるし。気付くと嬉しいんだと思う。

そこに自分を出していくことによって同じ趣味の人が寄ってくるってことなんだろう。

類は友を呼ぶ。

そういう人には、歳も出身も関係ないのだろうね。

これ、ナンパでも使えるかも?

やっぱお気に入りの物を褒められると嬉しいからね。

ただ闇雲に褒めりゃいいってもんじゃないだろうけど。

レディースファッションも勉強しようかな

まとめ

色んな趣味の人がいて、同じ趣味の人が存在に気付いて、仲良くなって行く。

オレはファッションと女が好き。

ナンパ師奴隷制度要チェック!

キャンの全国旅、毎日20:00更新中!!

ナンパ系ファッショニスタの活動

ナンパ師奴隷制度開始!ナンパ系ファッショニスタが全国呼ばれた場所に行きます

初心者向けナンパテク公開。一緒にナンパしよう!

移動式ホームレスとしての生き方

ネットカフェ難民とホームレスとノマドの違いを調べてみた

ホームレスになったらなぜか友達が増えた不思議

〔ナンパ系ファッショニスタ出没事例〕

六本木 渋谷 銀座

横浜 宇都宮 大宮 水戸

名古屋 岐阜

大阪 京都