今、建設業界が揺れてますね~

そもそも、建設業界だけでなく、業務を「丸投げ」をしているのは、
沢山ありますよね~

私がいた、広告業界・・・・も

そのうちの1つ。
責任の所在が明確ではないことが沢山ある。

丸投げがいいとか悪いとか、
そうではなく、そういう体勢になってしまった、

社会の仕組みが良くないのでは~

受注した会社も
責任を取らない、

下請けも
責任を取らない。

その下請けも
責任を取らない。

これは、政治の世界でも一緒みたいな感じがしますね~

責任は、みんなにあるでしょ〜
だってお金が動いているのだから〜
お客さんから、1円でも、貰っているなら、
あんたたち、
責任とりなさいよ〜

素直に謝った方がいいのにね〜

でも、
この時期に、こんな話題になるとは・・・・
何か怪しい・・・・・

根本的に、
お客さんから、受注を受けた会社(いわゆる元請け)が、
管理が出来ていないだけで、
それが、当たり前みたいになっている風習が良くないですね。

すでに出来ない仕組みなんでしょうね。
複雑すぎて・・・

<くい打ち不正>多重下請け、構造複雑

建設業法は中間搾取や工事の質低下を防ぐため、請け負った工事を一括して他社に請け負わせる「丸投げ」を禁じている。技術者配置を含む現場管理など、実質的関与が認められない場合は丸投げとみなされる。

 1棟が傾いた横浜市都筑区のマンション建設は三井住友建設が受注。くい工事などを日立ハイテクノロジーズが請け負い、更にその下請けとして旭化成建材が工事を担当した。

 「丸投げではないのか」。10月26日、決算発表の記者会見をした1次下請けの日立ハイテクノロジーズには、そんな質問が飛んだ。同社は「そういう認識はない。契約にそった業務を遂行している」と強調したが、現場にスタッフを配置していたかどうかは「調査中」と明言を避けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151102-00000110-mai-soci

1番、被害を被るのは、

お客さんになってしまっている。
本当に残念ですね。

マンションみたいに、一生に1度購入するかしないか?
みたいな大きな買い物に対して、

責任を取れない会社が1つでも絡んでいると、
不幸のどん底に落とされてしまっていますね。

たぶん、このような事は、
表に出ないだけで、

たくさん起こっている。

氷山の一角で・・・・・・
ということは、

実は、
これは、三○住友潰しの陰謀なのかもしれないですね~

世の中何が起こるかわからない。
そして、それはいつも仕掛けられている。

あ~こわっ

だから、
マンションは賃貸がいいですよ~

この機会に、
自宅の床にビー玉を置いてみましょう。

あっ・・・・・・・
それが転がったら、
あなたの家は傾いている・・・・・・

なんてね・・・・・