歳も重ねて、子供を持って、

なかなか自分に手をかけられなくなった女性、

そんなパートナーに女を感じなくなった、

なんて、よく聞く話ですよね。

 

女は外見じゃない、愛嬌だ。

なんて言うのもありだけど、

外見に怠けている言い訳にしてない?

 

子育てに追われようと、歳を重ねようと

女性でがいつまでも綺麗でいるのは

周囲にもいい影響を与えます。

 

綺麗じゃなくても困らないし〜とか

自分に構う余裕ないし〜とか

ナチュラルが一番!!とか言い訳しないで

努力はするべきですよね。

 

とはいっても…

何をするにもモチベーションは必要。

目的がないと生活に追われて後回し〜のループ。

そもそも何のために綺麗になるの?

 

【女は男のために綺麗になる】

恋人

やっぱりこれが1番じゃないかな。

 

男性の場合、

女のためにカッコイイというより

夢やロマンがあって男前だと思う。

男は本来、狩猟民族だから

本能的に欲求が外に向くのだそうです。

(何を狩るのかはそれぞれだけど)

何も追わない男に魅力はない!

 

今や女性にだって夢やロマンを追う人は多いけど

そういう女性って男前ですよね。

 

ズバリ、女は男がいるから女でいれるのだ。と思う。

男に依存してるという意味ではないですよ。

女性扱いされれば女性らしく

扱いが雑なら、ガサツにもなる。

男っ気がなければ男性化もするし

彼氏募集中であればオシャレにも気合が入る。

女性が男を手玉に取っているようで

案外女は男に左右される。これもまた本能。

 

【オシャレは健康に良い】

 

どんなにおばあちゃんになったって

メイクして綺麗にしてあげると

とっても嬉しそうで笑顔になっちゃうし、

それだけで血圧や体調が良くなるって事例もあるくらい

いくつになっても綺麗になるってエネルギーなんです。

おばあちゃん

メイクセラピーっていうお仕事もあるくらい

メンタルはとっても大切。

 

【女性の欲求に国境はない】

 

最近、現役マサイ族にお会いする機会がありました。

masai-tribe-

聞けば、

アフリカのサバンナで動物と暮らすマサイ族だって

女性はオシャレを楽しんでいるではありませんか。

首にぶら下げるアクセサリーの数が半端ないんですよ。

数の多さで競っていて

多ければ多いほどオシャレらしいです。

(相当重いのだそう。。)

 

綺麗じゃなくても生きてはいけるけど、

女性が綺麗になりたいという気持ちは

女性で在るための本能で

年齢も国境も関係ありません。

 

テクニックや流行りの美容法より、

見てくれる人がいれば

褒めてくれる人がいれば

それだけでキラキラ輝くのが女性なのです。

 

 

 

8647038461_8c625bf02a
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
他の人気記事もお届け!

Comments are closed.

よく読まれている記事

Sorry. No data so far.