やぁ、キャンだ。

今日は、ナンパ系ファッションについて教えていこうと思う。そう、ナンパできるファッションだ。よくその辺にあるモテ系ファッションとは、全く違う。ナンパにフォーカスした唯一無二のオレのメソッド。

 

マネしたければ、マネしていいぞ。

 

よく聞く「第一印象は大切」ってやつ。つまり、ファッションを極めれば、ナンパができる。まずは、今回のコーディネートを紹介しよう。

【クラブナンパカジュアル】

3164951496635

 

カジュアルとの違いがわからない君へ、特別に今回のアイテムを教えよう。

 

アイテム紹介

asics GEL Light Ⅲ

S__29081609

日本を代表するスニーカーブランドといえばアシックス。やはりゲルライト3はタンが、2つにわかれているスプリットタンが一番の特徴だ。

うん、セクシーだ。

形から卑猥な想像をしたそこの君、下心が隠しきれてないぞ。入れた時の感覚、フィット感、興奮しずには、いられない逸物だ。

 

ヘアゴム

S__29007879 (2)

これを見た女子は必ず「あ、この人セクースの時、髪縛るんだぁ」と思う。これでセクースを意識させることができるのだ。これが雑誌でいわれている「こなれ感」というやつだ。

 

つまり

ナンパ系ファッションの極意は物の意味を知ることにある。

 

言葉では何とでも言えるだろうからな、ピンサロ野郎(※1)でないことを証明してやろう。(※1ピンサロ野郎・・・口だけの意)

 

ということで今回は六本木のクラブでナンパだ。

 

ここ六本木。セレブとセフレを読み間違えて笑ってる中学生には、遊べない街六本木だ。多くのクラブがひしめくこの街で、狙いを絞っていざ、クラブに突入だ。まずは、身分証提示の年齢確認!

警備員「ちょっとお兄さん1人?」

 

キャン「あぁ、そうだ。」

 

(ん?新手のナンパか?ファッションを極めると男も寄ってくるのか…考えものだな…)

 

警備員「1人じゃ入店できません。」

 

キャン「!?」

 

そんなルールが、あるクラブもあるのだ。気をつけよう。

だがそんなことで諦める私ではない。店前でお友達を見つけ、入店を試みる。そのお友達はドレスコードで引っかかって入れない…ハーフパンツがダメな所もあるぞ。また違うお友達と試みる。

警備員「君、さっきも来たよね?もう今日は入れません。入れさせません。」

 

キャン「!?」

 

入ったことのない店を出入り禁止になることもあるぞ。

そんなこんなあって今回はここ!!東京 六本木 クラブ「ColoR」

S__28999698

1人で無事入店だ。まずは、一杯飲みながら状況確認だ。

ふむふむ。やはり女子は2人組が多いな。リサーチも欠かさない。近くにいたA子B子に聞く。

キャン「ここはよく来る?」

 

A子「えー、初めてぇー」

 

(その「えー」は、何を否定したんだ…)

 

キャン「えー、東京の人?」

 

えー子「えー、そうだよー。えー東京の人じゃないのー?」

 

キャン「うん、違うよ」

 

えー子「えーどこの人なんですかー?」

 

キャン「火星」

 

えー子「・・・」

 

キャン「何時ぐらいが一番人多い?」

 

B子「もうちょっと経てば増えると思うよ」

S__28999702

クラブ内も盛り上がって来た。

おしゃれな二人組を発見しC子と話していると、D子の方にネルシャツのネル男君が話してるではないか、助っ人登場だ。二人組に声をかけると、放置された相方にメンズが声をかけるパターンは、今回よくあった。メンズは、敵ではない、仲間なのだ。

そして、E子はイケメンかオシャレじゃなきゃ無視するとか。自分はどっちなのか、気になりながらも証拠写真をパシャリ。

3164831427349

そしたら、カップル風男女の女子(F子)から声をかけてくるではないか。聞くとナンパされていると言う。ファッションを極めるとこういうこともあるぞ。

 

これは、手っ取り早い。

 

家まで送っていくことになり、タクシーに乗り込み家に向かう。ゴムはゴムでもヘアゴムの方を使うのもすぐそこだ。

運転手さん「着きましたよー。」

 

キャン「ありがとうごさいm…」

 

「ん?」

 

「え?」

 

「ぬ?」

 

「実家?」

F子「うん、実家だよ。ありがとうね(^^)/」

 

 

 

キャン「えぇーーー!」

運転手さん「・・・」

 

今回の結論

ファッションを極めても独り暮しかは、しっかり確認しよう。

 

それでは、またどこかのクラブでまた会おう。