自分の頭の中にある、もやもやとしたものは目に見えません。将来やりたいことや、過去のこと、今考えていること、潜在的に知っていること。これらのことは実際に目の前に存在しているわけではないので、とても曖昧で掴みにくいです。

 

紙に書いてみる

 

もやもやとしたものを紙に書いてみることをおすすめします。紙に書いてみると、自分でも気がつかなかったことが浮き彫りになってきます。考えているときは曖昧でふわふわとしていたものが、実際に書くと具体的なものとなります。

 

人間はものを書くときには大胆になってしまうようで、自分が思いもしなかったことが紙の上に綴られていきます。「自分はこんなことを考えていたのか」と驚くこともあると思います。

 

それが本音で、本当のあなたなのです。今までずっと、自分の内側に溜め込んでいたものなのですね。そうすると「もう一人の自分」が意識の中にいることに気がつきます。

 

無意識は怖いもので、多くの情報を蓄積しています。それは、あなたが生きてきて、感じ取ったり思ったり、知識として手に入れたりしたものです。それらのものが頭のどこかに蓄積されていることが書くことで明らかになります。

 

書くことを習慣化する

 

書くことを習慣化すると、頭の中が整理されるようになります。もやもやして曖昧だったものが、具体化されてくるので、さまざまな物事が解決しやすくもなります。

頭の中でぐるぐると同じことが巡っていることはありませんか? それはずっと同じことを考えているからそうなるのです。一度紙に書いてしまえば、それは消えません。いつでも見ることができるから、次のことを考えられるようになるのです。

 

すると、頭の中のぐるぐるも消え、すっきりとします。次々と新しい発想をすることもできるようになります。

 

書くことを習慣にすると、自分の成長がわかるようになります。書くことで自分の考えを外に出すわけですから、今まで閉じ込められていた感覚を解放する効果があります。

 

 

まとめ

 

日記でもブログでも何でもいいです。文章を書くことを習慣にしてみましょう。ネット上で公開すれば、人のために役立てたり、反対に人から意見をもらったりできます。

ぼくは一時期、とても落ち込んで何もできない時期があったのですが、手帳を買い、毎日日記を付けるようになってから、少しずつ元気になっていきました。今でもちょくちょく日記を書いています。書くことでとてもスッキリするので書いていますね。

 

紙に書くことは、今の自分を再確認するだけでなく、新しい自分を形成することにも貢献していると思います。

これからもいろんなことを書いていきたいですね。